京都の病院でレビトラを処方された時の話

EDを疑ったのは、嫁と久しぶりに性行為をしようと試みた時

自分が初めてEDなのではないかと疑問に思ったのは、嫁と久しぶりに性行為をしようと試みた時でした。
普通にお風呂に入ってそのままいたそうとしたのですが、なぜか気分は乗っているのに一向に下が勃起せず、少し待ってみても全然反応しないのでおかしいと思ったのが最初です。
始めは仕事で疲れた影響か、寝れば治ると妻に言われたので大人しく寝ることにしたのですが、翌日再度試みてみてもやはり勃起しないままだったので、これは流石にまずいと思って病院で検査してもらうことにしました。
京都にある行きつけの病院で検査を受けましたが、そこで改めてEDであることを告げられ、最初はうまく呑み込めずにショックを受けてしまったのが正直な感想です。
EDと言う言葉自体は知っていましたが、まさか自分自身がなるとは夢にも思っていなかったので、どんな治療をすすめていけば良いのか、本当に完治させることはできるのかすごく怖くなっていたように思います。
しかし、医師の話をよく聞いて十分な説明を受けたことで不安な気持ちは少し和らいだので、治療をすすめていくうえで何が大切かを必死でネットで調べたことは今でも貴重な体験です。

よー見たらレビトラさん同世代で嬉しみ、京都同世代ガンダマーとかありがてぇ…

— キモカゼ (@turnA_913) June 25, 2017

EDを疑ったのは、嫁と久しぶりに性行為をしようと試みた時病院で提案されたEDの治療薬はドイツで高い人気を誇るレビトラ言い訳を作らずに性行為は存分に楽しもうと決めました

京都でレビトラを処方してくれるクリニックはこちらED治療薬レビトラ欠品|医療法人目高会羽束師クリニック